今津さんのワインのペアリングに対する「相性」は、もともと家族経営していたレストランで培われたもので、9年前に自身のワインバルをオープンさせるきっかけにもなったそう。



今津さんは、ワイン好きの中高年代の顧客と話しをすることが非常にお好きのよう。というのも、グラスの形1つ取っても、ワインの味は変わるので、できるだけワインの味を正確に汲み取ってもらえるようためにも、お客さんとのコミュニケーションンを大切にされています。
また、200本以上にものぼるボトルの中から、お客さん一人一人の好みに合わせてワインを出せることも彼の腕の見せどころであり、誇りだ。




ヨーロッパ風の小皿料理や彼が提供するチーズの豊富な品揃えの中でも、特に人気なのは「ラクレット*」で、専用のオーブンで溶かしたチーズをゆでたじゃがいもにかけて食べる料理。
すぐ目の前で溶かしてしていただくラクレットに、パンやじゃがいもをつけるともう絶品。

*ラクレット;ゆでたジャガイモに溶かしたチーズを添えた料理のこと。





店内は、明るすぎず、とても落ちついた照明で温かく、広々したカウンターと小テーブル付の小部屋があり、さらには、深緑と、ワイン色の赤紫、黄色の色合いが綺麗な最大10名まで入れる掘りごたつ式の個室は、フランスの有名映画「アメリ」を思い出させる。

イタリアの北方ヴァルポリチェッラの伝統的な製法によって生産される高級な極上ワイン「アマローネ」は、来店した際には是非オススメ。

また、コナミでは通常、日本でも数知れる何種類かのしっかりした苦みのあるクラフトビールも取り揃えておられるので、ワイン以外も十分楽しめますよ。


インフォメーション