広島駅の正面入り口の横にある郵便局の後ろ側にひっそりと「大須賀」という街がある。
いや、今まではひっそりだったかもしれないが、今となっては広島を代表する程の「人生の裏側が見える」素晴らしいアウトサイダーなエリアになっている。
そして今ここが広島の中で一番熱く一番元気なのではないか?と私は思っている。広島の人々にさえあまり知られていない「大須賀」。
ここには確かな日本人のリアルな裏側が存在する。

東京で言うと「三軒茶屋」と「新宿ゴールデン街」と「高円寺」を合わせて3で割ったような町並み。
それが一気に味わえる便利なエリアだ。
細い道に沢山の小さな店が並び、仕事帰りのサラリーマンから、無職のおじいさん、そして若いパンクスやアーティストまでがここに集まる。
飲み屋だけではない不思議な小さな店が密集しているのが一番の魅力なのだ。
そんな多くの店の中で今日はいくつかご紹介しよう。

オーガニックワインバー TARIQ(タリーク)





ベリーダンスや手相なども見るYukaさんがやっているサロン。英語ok。禁煙。
英語が出来るので大須賀の街の事はYukaさんにいろいろ聞こう!仮装?をしながら楽しくおしゃべりが出来る。

What:バー&サロン
Menu:オーガニックドリンク¥500~ワイン¥600~
Food:フード(通称:大須賀グルメ と呼ばれている)持ち込み自由
TEL:082-567-5686

スタミナ料理 和





今回行った中で一番ディープ。プロ向き。喫煙ok。34年間の歴史を持つ「和」はママが一人でやっている。
店のディスプレイはお洒落でセンスがいい!
食べ方にいろんなルールがあり、例えばおでん(卵¥100)を注文すると、
1,まず白身を食べなくては「ならない!」
2,黄身を崩し(でもまだ食べてはダメ!)にママに皿を渡し、中に他の具材をいれてもらい、それを食べる。
3,食べ終わったらスープをいれてもらい、一気に飲む。
これが全て出来たらあなたは大須賀マスターになれる。

What:マニアックなメニューがそろう居酒屋
Menu:(値段が無いのでわからないが高くはない)ビール2本とおでんのコース2セットで¥2500だった。

西野靴店




おしゃれなので、見るだけでも楽しい!
URL: Facebookページ

What:靴の修理
Menu:とってもハンサムでおしゃべりな西野さんがやっている店

絶滅危惧種




広島の街の中にも無いようなインディペンデントでクレイジーな服や作品が多くある。

What:古着やインディーズ作家の服、靴、アクセサリーの販売(絶滅危惧種)、2階は展示販売などを行えるフリースペースになっている。
Menu:値段はいろいろ!

*昼から飲める店は3店くらいある。
*23時には閉まる店が多いので注意。
*定休日は日曜日が多い。

大須賀は駅周辺の最後のオアシスだ。永遠になくならないでほしい。
そして是非このDeepなエリアにトライしてほしい!


インフォメーション

  • 著者
  • GetHiroshima