寒暖の差もなくなり、冷たい風が心地よくなり始めたかと思えば、もう寒い。
街にも薄手のマフラーを巻くひとがちらほら。

寒くなると、昼夜構わず飲みたくなるのが、ホットコーヒー。

紙屋町東から徒歩数分、広島銀行の裏側にある「喫茶さえき」は、現店長のお祖父様が創業以来、40年近く続く老舗の喫茶店。



こだわりは、まだまだある。

来てくださるお客様に、美味しく、体に良いものを食べてもらいたい、とオーガニック食材で作られる料理は、どこか懐かしい味がして、食べる人もゆっくりと味わって食べたくなる味。

最近では、外国人旅行客の来店も増えてきたことを受け、英語メニューやベジタリアンメニューも豊富に取り揃えている。





せわしない日常で、今こんな空間ってなかなかないですよね。
今でこそ、コーヒーチェーン店で、どこでも気軽に持ち帰って飲むことができますが、店主の選んだ豆を時間を掛けて、焙煎して、丁寧に淹れてくれる。




本や新聞を読んだり、ちょっとした待ち合わせに、窓辺でぼ〜っとしたり。

喫茶店が醸し出す不思議なその空間に惹かれて、訪れた人々がそれぞれ思い思いの時を過ごしているのを眺めたり、店内が静かに賑わう様子もなんだか見ていて面白く、どこか懐かしい。


インフォメーション

  • 喫茶さえき
  • 住所
  • 広島中区紙屋町1-4-25
  • 営業時間
  • 7:30~20:00 (ラストオーダー19:30)/ (モーニングは11:00まで)
  • 電話番号
  • 082-246-9339
  • 定休日
  • 日曜・祝日
  • 著者
  • GetHiroshima/寺尾 綾佳