陽気で温厚な下坂さん(タケさん)が、とても面白い空間を作り出してくれました。それが、彼の店、「陽陰」です。夜遅くまで営業していて、ゆったりとお酒を飲むことができる上、絶対に味わうべき美味しい和食もあります。

京都出身のタケさんが作りだす細やかな料理を見れば、彼の料理人としての腕が分かるはずです。モダンな和食を取り入れた彼の京料理は、季節の食材、自然の食材を生かした味で、まさに格別。京都の旅館で働いていたタケさんは、レストランで働くために広島に引っ越してきました。彼は、広島で楽しい日々を過ごし、この地で自分の店をオープンすることにしたのです。



店内は、一見、よくある綺麗なバーのようです。長いカウンターに、高さのあるテーブルがいくつかあり、アフリカの太鼓「ジェンベ」が店の一角に、そしてサイケデリックな絵が壁にかけてあります。照明は暗めで、食材と料理がカウンター沿いに並べてあります。

メニューは綺麗に書かれており、面白い日替わりメニューがあります。ベジタリアン、ビーガン、そして食に制限があるお客様からも、高い評価を受けています。また、タケさんは、添加物の入っていない食材だけを使う事に強いこだわりを持っています。



私が、この店を初めて訪れた時は、ドリンク数杯とシンプルな料理2品を注文しました。シンプルながらも、非常に美味しい料理でした。
1品目に食べたのは完璧な「煮卵」、そして2品目は今まで私が食べた中で最も美味しい「カボチャの餡かけ」でした。そして、それは衝撃を受けるほどの味わいでした!




お薦めの言葉をいくら並べても足りないほど、陽陰は素晴らしいお店です。友達と一緒に、そして1人で、仕事帰りの夕食や、遅い時間の食事とお酒が楽しめる場所を探しているならば、陽陰は、ぴったりの場所と言えるでしょう。



インフォメーション

  • 和食Bar陽陰
  • 住所
  • 〒730-0028 広島県広島市 中区流川町8-11 中川ビル 2F
  • 営業時間
  • 18:00-02:00
  • 電話番号
  • 082-249-7129
  • 定休日
  • 水曜日
  • 著者
  • GetHiroshima