「ロペズ」で一度食べたら、本当に美味しいお好み焼きが何かがわかる。ロペズ氏は、長いこと広島に外国人として住み、横川の中心地に、奥さんと一緒にこの大人気のお店を経営している。もともとロペズ氏は、広島で最も有名なお好み焼き店「八昌」で修行し、それから何年も広島で最も美味しいお好み焼きを提供してお客を幸せにしている。



質素に開業してから、ロペズ氏は駆け出しの料理人たちに教える役割を担ってきた。ひとたび適切なスキルを身につけたシェフたちは、多くの独立店を開業している。

トレードマークである、卵黄2個とハラペーニョのトッピングにより、「ロペズ」は広島のある意味完成されたお好み焼きに一味違う個性をもたらした。スタンダードのお好み焼き(そば、豚バラ、生地、野菜、お好み焼きソース)は、おそらく多くのお客には馴染みのあるものだろう。



だがあえて、ロペズならではのトッピング、そう、ハラペーニョのせに挑戦してみる価値はある。さらに、ガテマラ料理のサイドメニューもあるので、お試しあれ。



ロペズ氏と彼の妻、そしてフレンドリーなスタッフは、お客の眼の前の鉄板でオーダーをとり、お好み焼きやサイドメニューの鉄板焼きを料理する。この店の席は、鉄板を囲んだカウンター席のみ。しかし、鉄板からそのまま食べるのが熱すぎる人は、お皿で食べるように頼むといい。よく冷えた生ビールを凍らせたグラスに注げば、完璧な食事のコンビネーションになる。



ロペズはすべての客にフレンドリーで、常連客も国際色豊かだから、スタッフのおしゃべりや軽口も日本語になったり英語になったり、目を見張るものがある。また、店主自身が父親であることから、子供にフレンドリーな店でもある。特に、小さな子供も大歓迎で、子供用の食器がちゃんと用意されている。

もし満席の時に来店してしまったら、後方の椅子に腰掛けて、何人グループかを伝えればいい。席が空いた時に、あなたのディナーのための席を用意してくれる。この待合エリアに座っている客は、必ずしも鉄板の周りの席を待っているとは限らない。気軽に持ち帰りをオーダーし、そこで待つ人も多いからだ。店の前に1台分の駐車スペースと、近くに100円パーキングはいくらでもある。
行き方は、横川駅南口から出て左折し、大通りの自転車店を通り過ぎ、2本目の小さな通りを左折すると緑のひさしが見えてくる。


インフォメーション

  • Lopez|ロペズ
  • 住所
  • 広島市西区 楠木町 1-7-13
  • 営業時間
  • ランチ:火・金のみ11:30~14:00|夜:月~金曜16:30~23:00
  • 電話番号
  • 082-232-5277
  • 定休日
  • 土曜日・日曜日
  • 著者
  • GetHiroshima