地方を訪れれば、なんというでもなく商店街は、ひとまず歩いてみたくなる場所。
「街の中心」のような印象がある、商店街。
今でもそんな懐かしい情景を広島に残すのが、今回ご紹介する「尾道商店街」だ。



現在、改装工事中の尾道駅舎から尾道水道に沿って1.2kg続くなが〜い商店街。
どこに立ち寄るというわけでもなく、ぶら〜と何も考えずに歩いて見ると、レトロ感出すぎて思わずフレームに納めたくなる素材がたくさんあった。



そうそう、入ってみたくなるのが路地なんですよね
尾道には、気になる路地がたくさんあるので、隠れ家的なお店を見つけたい方にはとっておきの場所かもしれない。



見上げると、レトロな看板や昔ながらの商店が立ち並ぶ。







中でも、一際目立っていたこの堂々とした佇まいのレトロな銭湯屋さん。入浴場もそのまま残し、カフェやお土産スペースとして賑わっていた。
尾道を訪れる人も、まるで商店街の人たちを昔から知っていたかのように会話を弾ませる風景にほっこりした。




近年では、昔からある建物を古民家として再生する動きも増えてきている。
戦後、何もなかった日本が新しいものを作っていくしかなかった中で、日本のどこかに、まだ当時の面影を残す街並みが静かに息づいていることを知れたようで嬉しかった。




P.S.
尾道、猫も多いですが、スタンプも至る所にたくさんあります。
スタンプフェチの方は、旅のお供にスタンプ帳を持って行かれることもお忘れなく。



インフォメーション

  • 著者
  • GetHiroshima