宮島の厳島神社から階段をのぼってすぐにある「千畳閣」



知っているようで全くその魅力に気づかなかった「豊国神社」に足を踏み入れた。
畳857枚分の広さがあることから、千畳閣と呼ばれることになったそうだ。
その存在は知っていても実は中に入ったことのない人も多いのではないだろうか。



靴を脱いで、少しある階段をのぼった先には想像できなかっただだっ広さがあって解放感抜群。
入館料200円で入ることのできるこちらの境内。



隣接している五重塔の鮮やかさに引け、外観は少し地味で一体何のためにあるのかさえ知らなかったが、実はこの神社、豊臣秀吉が建立を命じ、建設中に急死したために工事は中止され、未完成のまま。



朱色の五重塔が鮮やかなだけに、引き立て役なのかと思われなくもない一見地味な外見ですが、一度足を踏み入れると梁と長い廊下の続く開放感抜群の境内。



外見に比べ、境内から見る景色は実に美しい。
緑に囲まれた神社は、中からの方がよっぽど楽しめるようだ。
立ち止まる人も少ないのか、なかなかの隠れ休憩スポット。



入って右手には、上から見下ろす厳島神社、その左手には海と山の景色が広がる。



少し立ち止まって、緑に囲まれて一息つくには最高のロケーション。
思いっきり深呼吸するのが心地よい昼下がり。

厳島神社から商店街で宮島のグルメを楽しむゴールデンルートから少し外れて宮島の神社巡りをしながら島の景色をぼーっと眺めるのもたまにはいいかもしれない。


インフォメーション

  • 豊国神社
  • 住所
  • 広島県廿日市市宮島町1-1 豊国神社
  • 営業時間
  • 8:30~16:00
  • 定休日
  • 年中無休
  • URL
  • http://www.miyajima-wch.jp/jp/shrines/01.html
  • 備考
  • 拝観料/大人100円 子ども50円
  • 著者
  • GetHiroshima/寺尾 綾佳