三次の北部にある古い校舎の中に、一風変わった折り紙細工を楽しめるミュージアムがある。

島根県との県境にほど近い県道の先にある丘を登ると、君田折り紙博物館が現れる。
今は廃校になった君田小学校に収められている博物館の前に車をつけると、背の高い二体の三次人形が出迎えてくれる。



筆者が訪れた日は大雪で、博物館を運営しておられる前小学校教諭と折り紙マスターの赤木先生は残念ながらその日はすでに帰宅されていてお会い出来なかった。
それでも、200円の入場料を支払い終わると、極寒にもかかわらず(※灯油ストーブは現在、引火の恐れがあるとして展示室での使用を禁じられている)おばあちゃんが私たちを親切に出迎えてくださり、わざわざ展示室の灯りまでつけていただき、律儀に展示品の説明をしながら一緒にまわってくださった。



展示品の中にある折り紙の多くは、一枚の小さな折り紙で作ったとは思えないほどで、それらの作品のバラエティーは、誰もが幼少時に折ったことのあるかわいらしい動物から、手の込んだ3D作品、広大な景色を折り紙で彩った巨大なものまでさまざま。




今後もし折り紙の知識やスキルを身につけたい方は、一人500円から(高校生以下無料)、折り紙代200円~300円で赤木先生の折り紙教室を予約することも可能。
下部に、展示品の何点かを紹介していますが、この周辺に行く際には是非、本物を見に立ち寄ってみてください。立ち寄ったついでに、近くにある君田森の泉温泉につかるのもオツですね。













インフォメーション

  • 折り紙博物館
  • 住所
  • 728-0406 広島県三次市君田町櫃田300-4
  • 営業時間
  • 09:00-17:00
  • 電話番号
  • 0824-53-7021 (君田温泉森の湯)
  • 定休日
  • 火曜日
  • URL
  • http://www.kimita-onsen.com/museum/origamihakubutukan.html
  • 備考
  • 入場料 大人¥200(18歳以下無料)
  • 著者
  • GetHiroshima